2012年12月30日日曜日

Kindle Paperwhite 購入

年内の入手は無理かも、と思いつつ12月25日の夜にAmazonで注文した Kindle Paperwhite
2、3週間待ちだったはずが、注文の翌々日に、

「ご注文いただいた商品が、予定より早くお届けできることになりましたのでお知らせいたします。」

とのメールが届き、さらにその翌々日(29日)に本当に現物が届いた。

箱はいつも通りのアマゾンの段ボール箱だったものの、中身はこのような黒い箱。

上部は斜めになっており、破って開封する仕様。

ふたを開けるとこのような感じで、上に保証書と説明書。下に本体とケーブルが入っている。

保証書と説明書は、各国の言語対応で、日本語のページは、どちらもわずか2ページ。

ケーブルは、ふつうのマイクロUSB端子のもので、本体の下に入っている。

電源が入った状態で送られてくるのは、消費電力の小さい電子ブックリーダーならでは。

Kindle Paperwhite(左)とスマートフォン(MEDIAS NEC-102)を並べたところ。
E-inkと液晶ディスプレイを比べると、E-inkの方は、実際の紙の上にインクが載ったような雰囲気。液晶ディスプレイと比べると、コントラストや文字のくっきり感ではやや劣るものの、長時間読むには目が疲れなさそう。

電車の中では片手で持って操作できるスマートフォンのKindleアプリ。長時間読むことになる自宅ではKindle Paperwhiteという使い分けにする予定。



0 件のコメント:

コメントを投稿