2011年8月28日日曜日

空気清浄機フィルターの線量の簡易測定(2011年8月分)

8月の1ヶ月間に空気清浄機(ダイキン光クリエールACM75L-W)のフィルターに蓄積した放射性物質がどの程度か簡易測定。

空気清浄機の使用場所は、東京23区東部のRC造マンションの7階。1ヶ月間、ほぼ連続稼働。



結果は、0.19uSv/hで、7月分と変わらず。なお、室内の数値は0.12uSv/hでこちらも同じ。

5月分(0.24uSv/h)6月分(0.23uSv/h)がピークで、その後やや下降し横ばいの傾向になっていると思われる。

交換フィルター(KAC017A4)の値段も安くはないので、今月は交換せずに持ち越しすることにした。

2ヶ月分の放射性物質でどの程度の値になるだろうか?

2011年8月24日水曜日

電気を使わない「自動ドア」

電力不要の自動ドアというものがあるらしい。
電力不要の自動ドアに脚光 福島のメーカーが販売
2011年8月24日 16時52分

 東日本大震災後の節電ムードの高まりで、福島県の中小メーカーが販売する電力不要の自動ドアが脚光を浴びている。王将フードサービスは「餃子の王将」の店舗で採用。停電を心配する飲食店などからの問い合わせも殺到している。
 福島県会津若松市の建材メーカー「有紀」が外部の技術者と開発し「オートドアゼロ」と名付けて2009年から本格的に販売を始めた。ドア一式の価格は工事費込みで100万円程度。
 利用者がドアの前の踏み台に足をかけると、てこの原理で滑車が持ち上がり、斜めにレールを取り付けたドアが開く仕組み。

(共同)

 この自動ドアは、てこの原理を応用したもので、ドア前の床下に埋め込まれた踏み板に人が乗ることによりドアが開く仕組みになっている。電動自動ドアに比べ、電気代やメンテナンス費用が節約できるだけでなく、電源確保が難しかったりする場所でも設置可能というメリットもある。単純に電動自動ドアと競合するというよりは、自動ドアの適用範囲を広げる製品だろうと思える。

 ところで、電源レス自動ドアを作っている株式会社有紀とは、いったいどんな会社なのかと思い、HP(http://www.yuki-s.jp/)の会社概要を見ると、資本金は4,000万円。従業員は8名。中小メーカーというより、個人零細メーカーであった。この自動ドアは、かなり注目に値する商品だと思えるのだけど、この体制では殺到する問い合わせに対応するだけでも相当大変そうだ。

2011年8月17日水曜日

平成23年8月分の電気使用量


今月分の電気使用量の通知が来た。使用量は124kWhで先月よりも減った。前年同月比では、マイナス51.0%となり、マイナス50%以上の削減率に復帰。


2011年8月12日金曜日

MacBook Pro 17-inch, Mid 2009

2009年の中頃に購入した、MacBook Pro 17-inch, Mid 2009 も、使い始めて、かれこれ3年目に突入した。この間、OSは、Leopard → Snow Leopard → Lionと3代も代替りし、当初搭載されていたハードディスクドライブ(500GB、5400rpm)は、ソリッドステートドライブ(RealSSD C300、256GB)へ換装され、換装時には、Windows7とのデュアルブート化も行った。(ただ、Windowsはインストールはされてはいるものの、ほぼ出番がなく、スマートフォン(IS03)のアップデートくらいにしか役に立っていないけれど。)

現行のMacBook Pro 17-inchに比較するとスペックでは劣ってしまうものの、筐体のデザインは今も変わらず。材質が劣化しにくいアルミニウムであるため、古くなった印象もない。最新のOSも問題なく動作し、並べて置いてもパッと見では区別がつかない。まだまだ当分現役で使えそうだ。

OS X Lion のMail


OS X Lion になって、標準のMailアプリが使いやすくなった。Gmailがほぼ自動設定で使えるようになり、専用ソフトだけあって動作も機敏。メールクライアントソフトは、AL-MailBecky!Thunderbirdと使ってきたけれど、Gmailの登場により、もう出番はないだろうと思っていた。ブラウザさえ使えれば、パソコンのOSが何であっても、スマートフォンからでも同じように利用できるWebメールは、完全な優位性を持っていると思っていた。しかし、メールクライアントソフトも、ほとんど面倒な設定なしにWebメール感覚で利用できるならば、再び活躍してくれそうだ。

ところで、久々にRimArtsのサイトを見たら、Becky!は今も現役で、Windows7対応など、進化を続けていた。学生時代、初めて購入したシェアウェア(4000円もした!)がこれだったけれど、あらゆる部分が秀逸で、特にエディタ部の出来は他を圧倒していた。未だにこれよりメールが書きやすいソフトには出会っていない。もし、Mac OS X 版が出たら購入してしまうかもしれない。