2015年12月26日土曜日

空気清浄機から異音発生

一昨年の12月に購入した、バルミューダの空気清浄機(EJT-1100SD-WK AirEngine)から異音発生。車のエンジンのアイドリング音のようなものがしだした。

弱モードで特に気になり、セーブエナジーモードではあまり気にならない。また、ジェットクリーニングモードだと元々轟音なので、違いがわからず。

2年間使ってきたので、ファンの軸受けにガタがきている気がするけれど、どうやら上部のグリーンファンではなく、内部のターボファンが原因っぽい。しかし、構造的に、自分で分解してターボファンまでたどり着けそうもない。

先日、フィルターを交換したばかりなのに。。。



---
2016年3月4日(金)追記
しばらく、様子を見てたら異音は出なくなった。

2015年12月24日木曜日

放射線量の常時測定を終了


2011年の原子力発電所の爆発事故をきっかけに、慌ててネットで購入したガイガーカウンター「BS2010」。4万2800円也。

家に届いてから、今日まで約4年8ヶ月の間、連続で放射線量を測定させ続けてきたけれど、ちょっと一休みさせることにした。

警報が鳴る閾値を0.25μSvに設定していたので、2011年頃は、割と頻繁に警報が鳴っていたけれど、最近では滅多に鳴らなくなったのが一つの理由。

また、部屋の吸気口に付ける飾りとしては、あまりに可愛くないというのが、もう一つの理由。

そして、購入当初こそ、出かける時に、あちこちに持ち出したりして、(相対的に)線量の低いところ高いところを調べまわったけれど、今は吸気口につけっぱなしになっているだけで、あまり意味もなくなってしまったというのが三つ目の理由。


もう電源を切り、引き出しの中にしまっておくことにする。二度と使う機会が来ないことを祈りつつ。

2015年11月9日月曜日

資産を1,000万円を限度に、いくつかの証券会社に小分けすることは無意味?

今まで、単純に信じていたこと。

1.株や投資信託は、金融商品取引法で「分別管理」が義務付けられており、証券会社の資産と投資家の資産は、明確に区分して管理されている。

2.たとえ、投資信託などを販売する証券会社が破綻しても、投資信託を運用する運用会社が破綻しても、投資信託の信託財産を管理する信託銀行が破綻しても、投資家の資産は保護される仕組みになっている。

3.だから、銀行のペイオフと違って、保護されるのは1,000万円までという上限はないし、証券会社をいくつかに分けることに意味はない。

しかし、この話で重要な点は、「分別管理」のルールがきちんと守られているという大前提があること。

もし「分別管理」の義務がきちんと果たされずに、破綻が起きたら・・・
というより、破綻するような会社の場合、「分別管理」が守られていない可能性が高いのではないだろうか???

この大前提について、ふと感じた疑問点について調べてみたところ、このような心配に対して、すでに一つの答えが用意されていた!

日本投資者保護基金
http://jipf.or.jp/introduction/index.html
万が一のときには、1000万円まで補償を受けることができます。
私たち、日本投資者保護基金(以下「当基金」といいます。)は、万が一、何らかの事情で破綻した証券会社からお客さまの資産の返還が円滑に行われない場合には、返還できないお客さまの資産について、当基金がお客さま一人当たり上限1,000万円まで補償を行います。 

このように、資産を1,000万円を限度にいくつかの証券会社に小分けすることには、十分に意味があった。 有識者の言うことは、一見もっともらしくても、その前提条件を疑うことは重要なのだと思う。

2013年3月2日土曜日

「GOAL ZERO 単3形充電器 GUIDE 10 PLUS Battery Pack」購入。

昨年の3月以来、スマートフォンや携帯電話の充電にポータブルソーラー発電機「NOMAD7」と、5000mAhの大容量Li-Polymerバッテリー「PowerBank」を利用していたけれど、早いものでそろそろ1年が経とうとしている。リチウムイオン電池の寿命は1年とも言われており、買い替えの時期が近づいてきているので、単3形ニッケル水素充電池4本を充電できる純正充電器「GUIDE 10 PLUS」を購入してみた。


使用するニッケル水素電池は、ソニー、東芝、パナソニックなどから出ており、いろいろ検討してみたけれど、結局、性能や実績から考えて、サンヨーの「エネループ」に決定。8本入りのパックが割安感があったので、それを購入。




NOMAD 7とは、専用のケーブルで接続でき、ソーラーパネルの定格7Wフルでの給電が可能。(一応、USBケーブルでも接続できるものの、それだと変換ロスが生じてしまい5Wまでとなる。)





専用ケーブルは、長さがやや短く、NOMAD7のポケットに充電器を納めたときに、ちょうどの長さしかない。

使用感は 「PowerBank」とほぼ変わらず。ただ、LEDライトが付いているので、非常時やアウトドアでの利用もできるので、利便性は高いと思える。



2013年1月3日木曜日

APPLE 60W MagSafe 互換電源アダプタ 購入

 先日、「MacBookAirの電源アダプタの調子が悪い。」と書いたけれど、今回は、いつまで経っても純正品アダプタが復活する気配がないので、社外品のアダプタをAmazonで注文。12月30日の夜に注文し、1月2日に到着。配送はゆうメールだったけれど、意外な早さ。
3つのACアダプタを並べてみたところ。並べてみると純正品にそっくり。唯一、リンゴのマークがないことが外観上の違い。上から、純正品45W、互換品60W、純正品85W。

横から見たところ。「ダックヘッド」と呼ばれるACプラグ部分をはめる部分も同じ造り。
ここからACコードにするか、コードなしの直差しコネクタにするかを選べる。左から、純正品45W、互換品60W、純正品85W。

コネクタ部分。MagSafe コネクタは、T字型とL字型の二種類があるけれど、相互に互換性があるので、今回は、外しやすいT字型を選択。左から、純正品85W、純正品45W(L字型)、互換品60W。


 今回、MacBook Air (mid 2011) で使用するので、出力は45Wで十分だったのだけれど、価格的に60WのT字コネクタのタイプが、2,280円で一番安かったので、それを選択。(アップルのサイトにも「付属のアダプタよりワット数の高いアダプタは問題なく使えます。」と説明があったので、問題なし。)

 動作状況は特に問題なし。純正品は、一度外すと次につないだとき、給電されるかどうかは運次第という面もあったけれど、そのような不安定感もなく、Air を気軽に持っていけるようになった。



---
2013年3月18日(月)追記
毎日使っているけれど、特に何も問題は発生せず。
---
2015年12月23日(水)追記
約3年が経過。特にトラブルはなく継続使用中。
---
2016年1月31日(日)追記
今年に入ってから、時々、ランプがつかなかったり、点滅したりするようになってきた。ついに寿命か? 安全のため、使用中止(廃棄)を決断。

2012年12月30日日曜日

Kindle Paperwhite 購入

年内の入手は無理かも、と思いつつ12月25日の夜にAmazonで注文した Kindle Paperwhite
2、3週間待ちだったはずが、注文の翌々日に、

「ご注文いただいた商品が、予定より早くお届けできることになりましたのでお知らせいたします。」

とのメールが届き、さらにその翌々日(29日)に本当に現物が届いた。

箱はいつも通りのアマゾンの段ボール箱だったものの、中身はこのような黒い箱。

上部は斜めになっており、破って開封する仕様。

ふたを開けるとこのような感じで、上に保証書と説明書。下に本体とケーブルが入っている。

保証書と説明書は、各国の言語対応で、日本語のページは、どちらもわずか2ページ。

ケーブルは、ふつうのマイクロUSB端子のもので、本体の下に入っている。

電源が入った状態で送られてくるのは、消費電力の小さい電子ブックリーダーならでは。

Kindle Paperwhite(左)とスマートフォン(MEDIAS NEC-102)を並べたところ。
E-inkと液晶ディスプレイを比べると、E-inkの方は、実際の紙の上にインクが載ったような雰囲気。液晶ディスプレイと比べると、コントラストや文字のくっきり感ではやや劣るものの、長時間読むには目が疲れなさそう。

電車の中では片手で持って操作できるスマートフォンのKindleアプリ。長時間読むことになる自宅ではKindle Paperwhiteという使い分けにする予定。